×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ユーチューブ動画の勝手広告

ユーチューブにアップされている無料動画の中で、「勝手広告」というジャンルの映像を紹介したサイトが、ネット上で話題となっています。むろん、日本語ページにあるものですから、まだ見たことの無い方は、ぜひ一度「勝手広告」と、日本語で検索してみてください。この「勝手広告」は、企業や商品のCMを、ユーチューブユーザーが作成した広告風動画です。ここでは、「西川ベッド」、「ファブ男」、「フマキラー」「ヤマト運輸」などが取り上げられています。いずれも個人制作ならではのアイデアの斬新さや独特な訴求力で、ユーチューブ上での注目の動画シリーズになっています。私は、「ヤマト運輸」バージョンが好きです。ユーチューブにアップされている他の「勝手広告」の画像作品もそうなのですが、女性が強くてしっかりしていて、男がちょっと頼りなりなかったり、力がなかったりしているのが笑えます。例外的に鋭く訴求力があるのは、「日本赤十字」バージョンで、他の「勝手広告」の動画を観た後に笑いを期待して観ていたのですが、見事に裏切られて、その訴求内容に思わず唸ってしまいました。因みに、ドーブのエボリューションと言うユーチューブで1000万回以上視聴された広告動画が、カンヌで賞を獲りましたが、この「勝手広告」も、充分国際的な評価を得るポテンシャルを持っていると思います。また、お笑いの無料動画も沢山ありますので、日本語ページをチェックしてみてください。

初心者、ユーチューブ登録のリスク等

様々な動画を見れるユーチューブサイトですが、別に登録しなくても普通に動画を観ることはできますが、登録すると見れる動画の範囲が広がったり、お気に入りに追加したりできて便利です。ただ、登録するって、メルアドなどを入力したりするので、頻繁にメールがくるかもなんて、ちょっと不安でもありますよね。あと、ユーチューブの動画を見ることで、ウイルスが侵入したり、パソコンの作動がおかしくなる可能性も気になるところです。因みに、私はユーチューブに登録して動画を観ていますが、今のところそれが原因でスパイウエアとかウイルスが侵入したと言うことはありません。ただし、ユーチューブって、基本的にタダで動画が見れるわけですから、ある程度のリスクはつきものだと思います。特にウイルス多いと思われるジャンルのユーチューブ動画を観る時は注意が必要です。スパイウエアの感染が1時期話題になったのはご存知かと思います。まあ、ユーチューブの動画を見るだけなら登録する必要はないと思います。それから、ブログにユーチューブの動画を載せている人がいます。動画の真ん中に矢印があってそれを押したら動画が始まるようになってるものです。この掲載方法は簡単です。ユーチューブの動画の画面を観ると、画面の右側に「URL」と言うBoxと「埋め込み(又はEmbed)」言うBoxがあります。後者の「埋め込み(又はEmbed)」のBoxの中にある記載内容(タグ)を全て左クリックでコピーして、自分の記事に貼り付ければそのユーチューブの動画を載せることができます。私も、鳥居みゆきさんや、沢尻エリカの動画をブログに載せて大好評を戴きました。

気になるユーチューブの動画の画質、保存など

それにしても、ユーチューブの動画はもう少し画質は良くならないかという感じですよね。これは、アップロードするファイルの容量に上限を設けているからです。画質を良くすると、それに伴ってファイルが大きくなります。利用者のネット環境は様々で、サーバーの容量の制限もあるため、ファイルの容量に上限を設けているらしいです。因みにアップロード画面を見ると「Your video is limited to 10 minutes and 100 MB.つまり100MB・10分以内」と言う記載があります。
あと、ユーチューブの動画のサイズですが、できればパソコンの画面いっぱいに大きくして見たいところですが、これも映像右下のボタンをクリックするとフルスリーンとはいきませんが、ある程度大きくなります。
ユーチューブの動画の検索方法としては、キーワード検索で探すのが一番だと思います。検索窓にキーワードを入力し「Search」ボタンをクリックするだけで、OKです。
この検索方法の場合、日本語だけでなく、英語やアルファベットでも検索すると、検索される動画数がかなり増えますので、ぜひお奨めします。
最後にユーチューブの動画の保存に関してですが、私はソースネクストの驚速レコーダーというソフトを使って保存しています。値段も安いですし、操作も慣れると簡単ですから気にいってます。また、その他の方法での携帯、ipodへのユーチューブの動画の保存に関しては、多くのノウハウ情報がネット上に載っていますので、ネットもチェックしてみてください。但しユーチューブの動画の取り扱いに関しては、ユーチューブの利用規約を遵守して行う必要がありますので、ご注意下さい。

Copyright © 2007 ユーチューブの動画ナビ